内容も更新も、てきと~な日記


by satatsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まずまずの出来です!

大山パークウェイ構想なるモノがあります。
詳しいことはHPに任せることにして・・・
トップページの映像もいいんですが、プロモーションビデオが完成して公開されてます。
この映像制作に友人(の会社)が深く係わってまして、色々と大変だったようです。

蒜山から美保関までイイトコ撮りの映像ですが魅力たっぷりに出来上がってます。

私的に許せないのは音質! まあ、パソコンですから仕方ないんですけどね。
音の繋ぎ目がちょっと・・・と感じました。

ダウンロードページはこちら。
http://web.sanin.jp/p/daisenking/pw/video/

[PR]
by satatsu | 2008-10-28 09:04 | 日記
昨日、日本の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が今年3度目の入港(内1回は境港発着のクルーズ)。
接岸した昭和南ふ頭は普段は外国船籍の貨物船が出入りするためフェンスで閉ざされてます。4万トン岸壁と呼ばれてた頃は自由に出入り出来てたんですが、貨物の取扱量が増えて大型船が頻繁に入るようになっていつの間にかフェンスが出来てました。
去年も飛鳥Ⅱが入港してますが、その時はセレモニーに参加できるなんて知らなかったのでフェンス越しの見学でした。

セレモニー一般参加者の入場口はふ頭前の外港道路を中野漁港へ曲がった所、工事車両の出入りする埋立地の入口を入った先にあります。
e0114318_1103086.jpg


悪路を入っていくと開門30分前で長蛇の列。待っていると関係者が来て身分証の提示と引き換えに許可証を貰い開くまで待機です。
e0114318_1111080.jpg


待ち時間の間にペーパークラフトも頂きました。
e0114318_1112956.jpg


ついに御対面です!
e0114318_1121622.jpg


やはりデカイ!
フェンス越しに見てもカメラのフレームに収まり切らないのだから当然の事なんですが・・・間近で見ると長~いビルを見上げるよう・・・
e0114318_113715.jpg

e0114318_1133227.jpg


しばらく見学の時間があった後、出港セレモニーが始まりました。
鬼太郎音頭でお見送りです。
e0114318_1141461.jpg


横断幕も。
e0114318_1144611.jpg


最近の境港の顔役、鬼太郎とねずみ男もセレモニーに参加なんですが、風が強くてテープが思うように取れません!
e0114318_1151470.jpg


岸壁を離れました。
e0114318_1153383.jpg


博多港へと帰って行きました。
e0114318_1162131.jpg
11

次回入港は11月1日。出港セレモニーでゲートが開くのは16時30分だそうです。
事前申し込み不要で見学できますので時間のある方は行ってみてください。
土曜日ですから早めに行かれるほうがいいでしょう。
夕方ですので防寒用の上着もお忘れなく!

風が強くて埃が舞って目は泪目、髪は塩でゴワゴワになりました。
[PR]
by satatsu | 2008-10-23 01:17 | お出かけ

豪円山登山

昨日は豪円山へ。
大山寺から最初のリフトを上った所、豪円山スキー場の入口が登山道の始まりだと思います。
ジャンプ台まではアスファルトで舗装されてるんですが、正規の登山道を通ります。
御地蔵様のあるところから舗装路の左側に登山道があります。
e0114318_985665.jpg

誰も通らないようでクマザサとススキのケモノ道になってます。
かき分けながら10分・・・着いちゃいました。
e0114318_99211.jpg

名前の由来の豪円和尚の像もあります。
e0114318_994680.jpg
和尚!首が!! 何度か手術受けてるようで頭と胴体の年代は違うようです。

山頂は結構広いんですが、木が育ってるので景色はあまり見えないです。弓ヶ浜方向は見えるようにちょっとだけ切り開いてあります。
e0114318_9101026.jpg


帰りは軽四駆でも通れそうな道でジャンプ台へ。
e0114318_9103318.jpg

ジャンプ台と登山口のちょうど中間くらいのところに「のろし台」という場所があり、北壁を見るにはここが最適です。赤崎方向も見えます。
e0114318_911581.jpg


豪円山は登山じゃなくてハイキングだったようです。あまりにもオキラクで・・・
スキー場を散策される際はちょっと寄ってみてください。のろし台はお勧めです。
[PR]
by satatsu | 2008-10-17 09:12 | 大山、登山
既に食品街は営業してますので外観は見られてると思いますが、今日、東館(JUSCO棟)がオープンです。
e0114318_903521.jpg


東側入口は変わらないのですが、周りに太陽光発電パネルをつけてエコをアピール!
e0114318_911244.jpg


西入口側は全く以前とは違います。太陽光が入るガラス張りのテラスもつきました。
e0114318_92346.jpg


まだ中には入ってませんのでレポートは皆さんでお願いします。
[PR]
by satatsu | 2008-10-17 09:06 | 日記

三鈷峰登山回顧

大山寺で秋を見つけようと散策するだけのつもりだったんです。
曇り空で時々ガスがかかるし、霞で遠くは見えないし・・・
元谷沢に着いたらあとは勢いです。途中で引き返すほうが面倒臭くなって・・・

元谷沢まではコンクリートで舗装された林野庁管理道路を歩いたので(のんびり1時間)全く疲れませんでした。
ここから下宝珠越までの登山道が一番きつかったように思えます。時間にして15分ぐらいだと思いますが、水の無い川を登っていくような感じで足元も悪く高低差も結構あります。
e0114318_93828.jpg

その後は尾根を歩くので多少上下はありますが比較的楽に進めます。
e0114318_9384028.jpg

e0114318_939999.jpg

e0114318_9393611.jpg

途中、転落防止の為や、急勾配の補助の為のロープが何箇所かありますが、容易に越えていけます。

上宝珠越から北壁尾根までの道のりはあっという間でした。この辺りは、もう紅葉も始まっててキャラボクに実も付いてました。
e0114318_939598.jpg

e0114318_9401794.jpg

e0114318_9403616.jpg

この写真三鈷峰に向かう途中なんですが、尾根を境にした山の表情の違い、凄いです。
e0114318_9405532.jpg

山頂到着!
e0114318_9411796.jpg

三鈷峰から見ると北壁は荒々しい表情なんですが、反対側はごく普通の山の表情を持ってます。紅葉も綺麗。
e0114318_941365.jpg

今度はユートピア小屋へ。
e0114318_9415414.jpg

縦走路を行けるところまで行ってみました。
『通行止』とか『これ以上危険』とか何も表示は無かったのではっきりした場所は分かりませんが、小屋にあった地図の赤線ルートまでは行ってると思います。
時計についてる高度計は1580mでした。
e0114318_9421463.jpg

e0114318_9425073.jpg

北壁滞在時間2時間ちょっと、帰路につきます。
上宝珠越からは下り専用の砂すべりコースで元谷へ降りました。
e0114318_9431452.jpg

e0114318_9433166.jpg

足の負担は少なく、一気に行けるんですが難点も・・・靴がボロボロ、砂だらけです。何度も靴を脱いで砂を出しました。
長靴持参がお勧めです。砂利くらいの粒の所を選ぶのがポイントです。
雨の降ったあとはこのコースは止めたほうがいいですね。

元谷登山道大堰堤まで降りたらまた管理道路を帰りました。
[PR]
by satatsu | 2008-10-13 09:57 | 大山、登山

境港水産まつり

朝早くからカニ目当てで来てみました。
e0114318_1443492.jpg

でも、無料のカニは長蛇の列!あきらめてカニ汁はと行ってみると予定数に達して締め切りでした。
e0114318_14432881.jpg

車に戻って時間を潰して2回目のカニ汁を狙って待機、30分前に並んでGETしました。
e0114318_14434582.jpg

ごちそうさま!
e0114318_1444454.jpg

目的達成したので帰ります。
[PR]
by satatsu | 2008-10-12 14:58 | お出かけ

秋を探して…

e0114318_1337824.jpg

遂にここまで!
ガスってるのが残念ですけどね~
[PR]
by satatsu | 2008-10-07 13:37 | 携帯より投稿

秋を探して

e0114318_1028999.jpg

国立公園の管理道路を歩いています。
山道より歩きやすいから…
[PR]
by satatsu | 2008-10-07 10:28 | 携帯より投稿

おはようございます。

e0114318_5535577.jpg

日野川河口からお届けしました。
[PR]
by satatsu | 2008-10-02 05:53 | 携帯より投稿